串カツ田中に子供連れで行ってみた。いい点と悪い点のレポート(5歳児と2歳児)

以前から気になっていた、話題の串カツ屋「串カツ田中」に行きました。

串カツ田中は2008年に大阪で創業した、大阪名物串カツを提供する外食チェーンです。

大阪の串カツと言えば、二度付け禁止。ソースの入った容器に串揚げをじゃぼんとつけて食べるのですが、同じ串は一度しかソースにつけてはいけない、という大阪ルールが、有名になったものです。

串カツ田中でもそのルールを高らかに宣言しています。

一. 口を付けた串の二度づけ禁止
一. 口を付けたキャベツの二度づけ禁止
一. ソースにお箸をつける行為の禁止

埼玉でそのうわさを聞き始めたのは、去年ぐらいで、子連れでも行ける串カツ屋があるらしいよ、という話でした。いつか行きたいなと思いつつも、どんな店かよくわからないので、後回しにしていたら、カンブリア宮殿という番組で、このお店が取り上げられていました。

そこで何となく雰囲気がわかり、子連れでも行ける居酒屋みたい!!ということで、夏休みのとある休日に、早速出かけました。5歳女児と2歳男児の家族四人連れです。

行った店はこちら。うちから一番近くにある店を調べたところ、浦和駅東口徒歩3分の浦和店がヒットしました。

東口から出て線路沿いに北へ歩いていくと、交差点の角に見つかります。アトレ北口から出て、スターバックスの中を通り、伊勢丹側でない方の出口からでると、すぐ左手にあります。

店の中はこんな感じです▼

「4人なんですけど。。」
  「ご予約は?」
「いえ、してないです」
  「少々お待ちください」

行ったのは夕食時にはまだ早い17時前です。まさか席が空いてないことはないだろうと思ったのですが、そのまさかでした。

  「5時半までの時間限定でしたら、ご利用いただけます」

なにー、あと40分しかない。しかし子供、特に2歳男児が座ってられるのは40分ぐらいだろう、せっかく来たことだし、ということで、その40分に勝負をかけることにしました。

いい点

ソフトクリーム子供は無料

まずはうわさを聞いていた、子供には無料のソフトクリーム。最初のオーダーが来るまでの時間を持て余さないよう、最初に注文しました。これは例外的なケース。でも今日のうちの持ち時間は40分なので仕方ありません。お願いするとお店のスタッフが手伝ってくれて、一緒にぐるぐるとソフトクリームマシンから出てくるクリームをコーンに盛り付けていきます。かなり大きめのアイスクリームです。子供に、といいながら、溶けてきたら大人も食べてしまいましたが。

たこ焼きも子供がいれば9個は無料

うちの子供が大好きなたこ焼き。これも子供が一人いたら9子は無料でオーダーできます。テーブルの上で自分で焼きます。一応作り方の手順書も配ってくれました。

全席禁煙

子連れにとって、これは相当な魅力です。魅力というかほぼマストなのですが、居酒屋で禁煙のところはなかなかないですよね。そんなところへ、全席禁煙の串カツ、と来たもんだから、うちも喜んで飛び付いたわけです。これはよく決断してくれたと思います、社長さん。

子供を連れていける雰囲気の居酒屋

居酒屋みたいなところに行きたいとはよく思うのですが、なかなか家族で行けるところはありません。その点、串カツ田中は、店としても家族歓迎のようで、子連れでいっても違和感がありません。子供用のメニューやプレートもあります。じゃんけんに勝てばソフトドリンク無料という企画もやっていました。基本的に子供は揚げ物好きなので、単品の串でも食べられるものがあります。店員さんも子供にフレンドリーでした。

困った点

ちょっと暑い

猛暑のためか、もしくはビールのオーダーを促すためか、やや暑い感じがしました。冷房はもちろん入っていますが、ちょっと昭和な下町の居酒屋のような雰囲気を出しています。だから冷房も弱めなのかなと勝手に想像していました。今回は40分一本勝負と焦っていたから、余計に暑く感じたのかもしれません。

紙ナプキンとか置いてない

ボロボロとこぼしやすい子供に必須の紙ナプキンがテーブルには置いてありませんでした。頼めば持ってきてくれるのかもしれませんが、できればデフォルトで置いておいてほしかったです。

テーブルがやや狭い

これも昭和風居酒屋の雰囲気を醸し出す要因なのですが、お皿が多くなってくると、テーブルの上がちょっと込み合います。小さい子連れの場合、ものを落としやすくてひやひやしました。

気を付ける点

予約した方がいいかも

浦和店では、週末の夜はたいてい予約で一杯だそうです。なので確実に行きたい場合は予約をおすすめします。電話とウェブでの予約が可能です。一日前に予約すれば、普通は取れるみたいです。

やっぱり高いか

ソフトクリームとかたこ焼きとか無料だー、と思っていたのですが、締めてみると、4800円と想像したより高くなりました。要因を分析した結果、ファミレスなどては頼まないビールを親が頼んだり、おつまみの小皿を頼んだりしたことが大きいという結論に達しました。

確かに居酒屋基準で考えると、安いと言えるかもしれません。ファミレス基準で考えるとちょっと高くなる気がします。

もしかして塩分高めか

食事のあと、その晩は、猛烈に喉が乾きました。

串カツ田中の秘伝のソースは、さらりとしてスッキリした味わい、なのですが、もしかしたら結構塩分高めなの?と思いました。もしくは、別に頼んだチー平焼きのソースとマヨネーズのせいか。

結論

初めて家族で居酒屋で食事をすることができました。家族で外食でビールを飲める機会は非常に少ないので、満足しました。

一方でやっぱり、居酒屋風にだらだらと、小皿を注文しつつ、ちびちび飲むというスタイルは、5歳児と2歳児連れではまだ厳しいんだなということがわかりました。

ソフトクリームやたこ焼きは魅力なのですが、子供がまともに食べて、満足して、親もそこそこゆっくり食べられて、値段もリーズナブルなのは、今のところまだファミレスをおいて他にないみたいです。

というわけで、子連れで串カツ田中に参戦するのは、また数年後かもしれません。

友達や会社の人と行くのであればいつでも行きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました