京浜東北線の通勤ラッシュはどのぐらい?。回避方法は?(最後尾車両南浦和から東京間)

以前の記事で、京浜東北線の通勤ラッシュ状況について書きましたが、今回は 乗車位置を変えた場合のレポートをしてみたいと思います。

前方車両の記事はこちら ⇓

京浜東北線の通勤ラッシュはどのぐらい?回避方法は?(前方車両で南浦和から東京間の場合)

調査条件

混み具合の状況をレポートするのは、後方車両の9~10号車付近です。

後方車両に付近に出口がない駅では、狙い目となる可能性もあります。

調査の時間帯はだいたい同じ、7時半ごろに南浦和を出発し、8時10分ごろに東京に到着する電車です。

混雑レベルについても、体感に基づいて同じ基準で分類しています。

地獄=ぎゅうぎゅうに押し込まれてつかまる場所もなく、身動きのとれない状態。僕の場合、朝の埼京線や有楽町線などで経験。人間扱いではない。
激混み=なんとかスマホや文庫本ぐらいは見ることができる。ドア付近では人が密集し、通路に立っても隣の人との接触が避けにくい状態。通勤電車ではよくある光景。
普通混み=座席前は人が重なりあうが、運が良ければつり革が持てる。ドア付近は人に触れるか触れないか。通勤電車でこれなら御の字。
まとも=ドア付近でも他人とくっつくことはなく、座席前でも人が重なりあうことがない状態。通勤電車としては楽園。

※平常時、つまりダイヤの乱れや災害の影響のないときの、平均的な状況と思ってください。

駅間ごとの状況

南浦和から蕨

改札からの階段から一番離れているだけあって、やはり人は少な目で、ほぼ、まとも状態で乗れます。

蕨から西川口

乗る人の方が多く、普通混みに悪化。でも前方車両よりはだいぶましな、まともに近い普通混み。

西川口から川口

 乗る人が多く普通混みがさらに悪化。激混み状態へ移行することもあります。

川口から赤羽

乗り込む人が多く、激混み状態に悪化。南浦和始発の電車なら、状況は少しましです。またこの区間は、京浜東北線の最混雑区間ですが、前方車両よりも混雑状況はましです。

赤羽から東十条

出口の階段が近くにあり、降りる人が多いです。乗る人も多いので最終的には激混みのままあまり変わらないでしょう。ただ楽な場所に移るチャンスではあります。

東十条から王子

東十条で降りる人はあまりないので、状況は変わらず、激混みのままです。

王子から上中里

前方車両より降りる人が多く、普通混みまで緩和します。人の入れ換えが大きいので、 ポジションを変えるチャンスもあります。

上中里から田畑

人の出入りが少なく、普通混みレベルです。

田畑から西日暮里

改札口が近いためか乗り込む人が多く、激混み状態まで悪化します。前方車両では改札口が近くにないので、ここまで人が増えることはないです。

西日暮里から日暮里

 人の動きは少なく、激込みのままです。

日暮里から鶯谷

降りる人が多く混雑が少し緩和。このあたりは前方車両と同じ傾向。とはいえまだ激混みレベルです。

鶯谷から上野

乗り降りする人は少なく、激混み状態のままです。

上野から御徒町

前方車両ほど大きな人の動きがなく、乗り込む人の方がやや多いです。結果として激混みのまま。

御徒町から秋葉原

前方車両ほど降りる人がおらず、激混み状態で変化ありません。

秋葉原から神田

乗り降りともに多いですが結果としては激混みのまま。前方車両だとこの辺りで多少改善しますが、後方だとなかなか改善しません。

神田から東京

降りる人が多く、激混みですが比較的緩和されます。

少しでも楽をするためのコツ

乗るときは列の一番前に(前方車両編と同じ)

時間に余裕があれば、ひとつ電車を見送って、一番前に並び、一番最初に車内に入れるようにします。

そうして、できるだけ奥に入り、座席の前のポジションを確保します。

そうすると、重たい荷物は網棚に置ける、つり革を持つことができる、万が一前の人が降りたら席に座れる、混雑しても奥の方まで押し込まれることは少ない、など、いいことがたくさんあります。

ドア付近なら進行方向向かって左のドア(前方車両編と同じ)

京浜東北線の場合、ほとんどの駅で進行方向右側のドアが開きます。

なので、右側のドア付近に立っていると、止まるたびに押し出されては乗ることを繰り返します。

なので、ドア付近に立つ場合は、進行方向左側をおすすめします。

乗り降りの大きい駅で座席を狙う

後方車両の場合でも人の出入りの大きい駅はあまり変わりませんが、その変化量に多少違いがあると思います。

赤羽、王子辺りでは、前方車両よりも多くの人が乗り降りします。一方で上野、秋葉原辺りでは、前方車両ほどは人が乗り降りしない感じです。

最後に

前方車両とどっちが楽かと言われると、前半は後方車両、後半は前方車両、という感じでしょうか。

前方車両のほうが、東京に近づくにつれて混雑が緩和されるのですが、後方車両は  逆で最初は楽ですが、東京に近づくほど混雑レベルが上がってくる、もしくは緩和されにくい気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました