2023/1/23 +145,419円 ゴールドインデックス1.79%改善

資産運用する

日本個別株は、JT(+13,300円)、東京個別(+8,800円)、日本特殊陶業(+6,600円)などが上昇した。

逆に下がったのは、情報企画 (-7,200円)が大きいものの、それ以外に大きな値崩れはなかったらしい。

投資信託では、ゴールドインデックスが18,432円と大きく上昇した。それ以外では、日経平均が+7,632円、新興国が7,312円の上昇の一方で、下落したのは外国株でー13,951円やS&P500-8,363円と、ほぼ拮抗した感じか。

ETFは、米国生活必需品VDCが1.07%増の+44,448円と回復した。まだまだ回復が足りないけれど、残高が大きいと1%の値動きでも大きく振れる。金鉱株GDXも1.55%増の+4,056円となり、その他の米国株ETFもほぼほぼ1%以上の上昇となったので、ETF全体としては、前日比1.19%増となった。

米国株ETFが上昇したので、明日の投資信託にも多少期待できるかもしれない。

円は0.21円下げて130円に戻った。

125円まで上がったらソニー銀行の外貨預金に追加と思っていたが、そこまでは下がらなかった。今年中にそういう機会が1度や2度は訪れるのではないかと思っている。そうすると米国株ETFの資産が目減りするが、そんなことはド短期の話で、長期で見ると、ドルのいい買い場、米国株のいい買い場だとしか思えない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました