2023/1/16 運用資産▲303,095円

資産運用する

今日は大幅に下がった。

個別株では(7751)キヤノンが3.16%下落して▲54,000円。

ニッセイ外国株式インデックスファンドが1.4%下落して▲33,688円

バンガード米国生活必需品も、下落幅は0.73%だが、持ち分が多いので、▲31,543円

このほか、債券インデックス、新興国株インデックス、日経平均インデックスなどが軒並み下落した。

日経平均は1.14%減の25,822円と、まあまあ上がりすぎが気にならないぐらいの、適度な感じがする。

S&P500は3999.09で微妙。バフェット太郎さんは、今年は20%上がる説なのに対して、株はバブル説の森永卓郎さんのような人もいる。どちらを信じるというかとバフェット太郎の方だが、妄信しているわけでもないので、判断が難しく、ひたすら積み立てを続けるだけ。

そういえば、積み立て投資が無敵、株が下がっても儲かる、という本を読んでいるので、また後日紹介したいと思う。

今日は(8697)日本取引所が指値の1852円まで落ちたので、購入した。これは「毎月オートモードで18.5万円~」の著者である長期投資さんが永久保有銘柄に推している銘柄。営業利益率が50%以上もあるという見たことのない高収益企業で、「国内唯一の総合取引所グループ」。配当予想が年間52円に対して、株価が1852円なので、配当利回りは2.8%。100株保有していると1,000円のクオカードの株主優待がある。まあこれは廃止の憂き目にあう可能性もあるけどな。株価は2021年10月に3,059円の高値を付けた後下がり続けているので、そろそろ買ってもいいのではないかと思った。

でもよく考えたら目指すべき配当利回りは税引き後4%だから、これじゃあ貢献しない。買った後に気が付いた。これ以外の高配当銘柄の購入めどが立ったら、やっぱり売却したほうがいいか。

今のところ、注文を入れているのは(1605)INPEX。このほかに、NTT、コマツ、大塚HD、花王あたりを狙い目にしているけど、なかなか税引き後4%のポートフォリオは傾斜みたいなリスクを冒さないと、完成しそうにない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました