SBIネオモバイル証券の解約はウェブサイトでログインしてチャットからどうぞ

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。スマホアプリのリストラをしたい、店主の劉英です。

アプリのリストラでいうと、たくさん開設している、証券会社のアプリを減らしたい、というのがあります。

先日マネックス証券の解約をして、めでたく一つ減りました。次の標的はSBIネオモバイル証券です。

もともと相性悪かった

SBIネオモバイル証券との相性は、最初から悪かったです。

SBIネオモバイル証券に口座を開設した理由、それは紛れもない、セルフバック収入のため、だったんですよね。
SBIネオモバイル証券に口座開設したら6,000円、といいうセルフバック案件が、A8ネットというアフィリエイト会社で紹介されていました。
当時は、セルフバック副収入で10万円というのを目指していたので、飛びつきました。

まず、そのセルフバック6,000円が、なぜか非承認
こういう場合はたいてい、理由は不明なのですが、とにかく損した気がしました。

SBIネオモバイル証券は、口座を持っているだけで毎月220円取られます。
なので、運用で挽回をしよう、と思って1株単位で2銘柄購入しました。
これがまたコロナバブルにも乗れずに低迷。
これは自分のせいですけど。
1年ほど保有していたんですが、最初に入れた1万円が、7500円ぐらいまで下がってしまいました。

口座維持費用の220円は、もともとクレジットカード払いにしていたけど、途中でカードの番号が変わったせいで、口座から強制的に引き落とされるようになってました。
なので、何もしなくても勝手に220円ずつ残高が減るんですよね。
1万円しか入れてないから、この減りがはっきり見えて、毎月損してる気がしてました。
アプリも減らしたい、というのもあって、もういい加減解約しよ、と思うに至ったわけです。

解約の手順

なんでもそうですけど、解約はするのは面倒くさいです。結婚より離婚が大変、というのと一緒。

保有株を全部売る

まず、解約の意思を伝える前に、保有株を全部売却しておかないといけません。
これがまた面倒で、売るときってアプリの中では手続きできないっぽいんですよね。
アプリからウェブサイトに飛んで、そこで売るんですけど、これがまた、取引時間とかあって、全然すぐ反映されない、というイライラを味わいました。

口座の残高をゼロにする

出金もアプリからはできません。
アプリの「出金」を押すと、ウェブサイトに飛んでいくんですよね。
仕方ないので、ウェブサイトの右上にある三本線を押して、「入出金」というのを選びます。
出金先口座が登録されていたら、そのまま出金できます。
ただ、1,000円以下は出金できないんですよね。
1,000円以下の残金がある人は、いったん入金して、1,000円以上にしてから、それを全額出金してください。

ウェブサイトの問い合わせからチャット

で、やっと解約の手続きに移れます。

AIのチャットボットでは対応できないので、オペレーターに接続

そう難しくないやり取りで、解約用の書類を送ってくれます。
引き止めとかはありませんでした。
最後に解約の理由を聞かれました。

解約書類に記入して発送

しばらくすると、解約のための書類が送られてきました。

住所や名前など基本的なところはすでに記載されています。
なので、関連するところをチェックするぐらいしか記入するところはありません。
これを送ると、その月末ぐらいに解約が終了します。

SBIネオモバイル証券をやめた理由

何もしなくても220円の手数料がかかるというのは、やめてほしいですね。
正確に言うと、220円分のTポイントがもらえて、それを投資に回すことができます。
なので、活用し続ければ別に損はしないのですが、その活用し続ける、というのが面倒でした。

なぜならば、活用し続けるには1株投資のような、小規模投資を続けていく必要があるためです。
SBIネオモバイル証券の手数料体系にその理由があります。

確かに50万円以下であれば、最低手数料の220円で済むのですが、50万円を超えるととたんに1,100円に値上がります。
1日じゃなくて、1か月でですよ?
100株単位で買っていたら、2回ぐらいの取引で、すぐ超えてしまいそうです。
だから、手数料220円で済まそうと思ったら、月間の取引量を50万円以下に抑えないといけなくなります。
これだと1株単位での取引しか、現実的じゃないでしょう。

SBI証券のアクティブプランだと、これですよ。1日(1か月じゃない)100万円までゼロです。

いちいち手数料気にしながら取引は、あまりしたくないですね。
しかも1株ずつ細かく買っていくというスタイルも、合ってませんでした。
そこまで毎日銘柄を選んだり、値動きを見たりするつもりもなかったです。

しかも、極めつけは、株を売却するときの手続きは、いちいちウェブサイトのほうに移動しないといけないんですね。
アプリで完結しないです。面倒でどうしようもないですね。

というわけで、ネオモバイル証券さん、さいなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました