2021年度の家計簿決算(支出)。2022年は何とか削減にかじを切らないと

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。コロナ感染で外に出られなくなった5歳長男のストレスを憂慮する、店主劉英です。

今日は2021年家計簿決算の経費の部を見ていきましょう。

支出は前年比86万円増

ぅおっ、875,907円という大幅増

中身はこんな感じです。

食費+外食費

まず金額として最も目立つ、食費が、114,064円増。外食費も13,935円増。月1万円増加した計算です。

食費に関しては、もちろん野放図に増やしていいとは思っていませんが、費用の中では一番、人生の質、幸せの量に直結する費用だと思っています(少なくとも僕と妻の間の共通認識)。ちなみに、2021年度の食費総額は外食含めて約130万円です。たしかにちょっと多すぎる気はします。ただ、ここを切り詰めるのは、本当に最後の手段だと思っています。

医療費

次に大きく増えたのは、医療費の86,069円増

一番大きく影響したのは、今年始めたプロテインだと思います。僕のうつ状態があまりにも激しいこともあり、この本を読んでプロテイン療法に取り組みました。
うつ消しごはん タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!/藤川徳美【1000円以上送料無料】

そのために、アマゾンで一袋(1kg)4,000円ぐらいするプロテインを月2回ぐらい購入していました。これを医療費として分類していたので、これが響きました。

結局、半年ぐらい続けたのですが、様々な理由で、妻は大幅にペースを落とし、僕はほとんどやめている、というのが現状です。これについてはまた別に記事を書きたいと思います。

あとは、子供がひじを骨折して、それにかかる保険外の医療費も、昨年比をやや押し上げたかと思います。(ただ、この分は幼稚園の保険でカバーされて払い戻されたので、実質的には収支には影響していないと思います)

日用品

日用品は前年比83,715円増加。これは困りましたね。。。日用品というのは、雑多な生活費をまとめてぶち込んでいるので、いったい何が影響したのかよく分かりません。

想像でいうと、マスクやアルコールなどのコロナ対策グッズが増えたか、ストレス解消のための通販での衝動買いが増えたか、あたりかな。

期初の計画で月35,000円に抑えようとしていたものが、38,343円になったということなので、それほど過剰な支出増ではないのですが、昨年比でいえば大きく増えてしまいました。

こまごましたものの積み重ねなので、コントロールが非常に難しいところです。毎月の進捗を見ながら、抑えるように意識するしかないですね。

水道光熱費

日用品に次いで困ったのは、この水道光熱費で、前年比34,874円の増加となりました。

分かってはいましたがこれも痛いですね。もう少し細かく見ると、特に水道代の増加が大きいです。

これに対しては、先日節水シャワーヘッドという対策を打ってみました。
この影響を注視したいと思います。

高止まりする水道料金の対策として節水シャワーヘッドを購入

次に増加しているガス代。これも、うまくいけば節水シャワーヘッド効果で削減が可能なはずなのですが、その効果は、次の冬を迎えないと分かりません。

ガス代は、床暖房の影響も大きいと思っています。ただ、この冬は床暖房を臆せず使っていくことで、子供の風邪がありませんでした。子供がいったん風邪をひくと、いろいろなことがスムーズにいかなくなり、家じゅうにフラストレーションがたまります。それを回避するための投資として、年間9,000円使ったと考えると、それはそれで悪くないと考えることもできます。本来は、食べ物や睡眠で免疫力を上げる、というのがいいんでしょうけど。

通信費

通信費は主に携帯電話料金とNHK受信料です。前年比25,207円減少です。

これは僕のスマホのキャリアを、ワイモバイルからUQに変更した影響で、思惑通り通信料削減に寄与しました。また、家の中でスマホを使うときに、妻のiPhoneがWi-Fiをあまり拾っていなかった、という疑惑がありました。そこで、Wi-Fiルーターを増設してつながりやすくしたのですが、その効果も一部あったかもしれません。

この先は、妻のiPhoneをauからUQに移し替えることで、さらに経費削減が可能だと見ています。

特別支出が目白押し

ここまで書いてきたのは、通常生活を営む上での経費でした。

実は、これとは別に、大きな特別支出が3つもありました。

ダイニングテーブル 25万円
冷蔵庫 23万円
子供の歯の矯正 36万円

さらには、パソコンやカメラ、妻のコートなどもあって、大幅増です。仕方ないけど、失業目前のサラリーマンとしては、ちょっとカネをかけすぎた感があります。反省です。

この辺りについては、たくさん記事を書いた。

冷蔵庫を買い替えた話[第1弾]最近の冷蔵庫事情について。

冷蔵庫を買い替えた話[第2弾]ビックカメラでの購入過程悲喜こもごも

冷蔵庫を買い替えた話[第3弾]商品到着、あれ、なんか思ってたのとだいぶ違う。。。

冷蔵庫を買い替えた話[第4弾]使用後1か月レビュー。満足度は中の下😨

8歳長女の歯の矯正を始めることにしました。家計影響の試算とリカバー方法

2022年度に向けて

食費、交通費、交際費、住宅費、保険、その他は、2021年度並みを維持で達成できると思っています。

一方で、衣服美容費、娯楽費(ともに2021年度が少なかった)、教育費(習い事が増える想定)、寄付(戦略的に増やす)などは、2021年度からの増加が見込まれます。

そこで、日用品、医療費、通信費、水道光熱費などを、2021年度比で減少を行く必要があると思っています。

ただ、2022年に僕が失職して、無収入の状態が続くようであれば、ゼロベースで見直していくしかありませんね。。。それを見越して考えると、少なくとも寄付以外では、衣服や日用品で、もっと減らしていかなくてはならない、ということが明白です。

2021年度の家計簿決算完了。今にも消えそうな給与所得のありがたみを痛感

コメント

タイトルとURLをコピーしました