高止まりする水道料金の対策として節水シャワーヘッドを購入

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。お金で自由を手に入れたい店主の劉英です。

こちらの記事高止まりする水道代の原因が水道料金の価格設定ではないかと疑って調べた結果で調べた結果、うちの水道代が高くなっているのは、単に「使いすぎ」だということが判明しました。

そこで対策の一つとして、節水シャワーヘッドを購入するに至りました。

まずはジャパネットを検討

節水シャワーヘッドと言えば、まず思いついたのが、ジャパネットタカタの節水シャワーヘッドですね。テレビショッピングはあまり見てないですが、よく広告が入っています。と思ってウェブで調べてみたのですが、載ってない!! 品切れなのかな。たしか2週間ほど前はジャパネットのウェブサイトにも載っていたのですが。13,800円でいつも広告に載っていたアラミックというメーカーの商品でした。

やはりジャパネットはデモがうまいので、動画を見ると、水流の力はそれほど変わらないのに、水量は半分ぐらいに減っているというのがわかりますし、「水道代が年間6万円節約」という訴え方もインパクトがあります。ジャパネットが保証しているという安心感がありますね。あれほど派手に売っているジャパネットの製品が、もし粗悪品だったりしたら、すでにネットでさんざん叩かれているだろうと思います。調べてみてもそのような悪評はないので、そこそこは信頼できるだろう、と考えられます。

同等品をAmazonで調べてみる

なので最初はジャパネットで買えばいいか、と思っていたのですが、珍しく妻が「高くない?」というので、Amazonも調べました。Amazonも便利でたくさんの選択肢を提示してくれるのですが、種類がめちゃくちゃ多いです。「節水シャワーヘッド」だけで検索すると、出店者が1画面では収まらないほどズラーっと出てきます。価格帯も2,000円ぐらいからあって、選ぶ決め手に事欠きます。

そうなると、いつもやるのがAmazon得意のレビューでの絞り込みですね。星の数4つ以上、価格は1,500円-5,000円で絞り込むと、それでもまだ9ページもあるんかいな!!

とまあ、たくさんの節水シャワーヘッドが売られているので、さすがに希望条件に合うものがあるだろうと思って見てみるのですが、これがなかなか決められない。

条件として

節水効果が明示してある
手元に止水ボタンがある
・止水ボタンは押し込み式ではなくて横に振るレバー式
*これまで使っていたシャワーヘッドは、手元に止水「ボタン」がありました。、1年もしないうちにボタンを押しても戻らなくなってしまう、という不具合が起きたので、押し込むタイプのボタン式はダメだな、横に振るタイプの止水ボタンがいいな、と思っています。

これだけなのですが、これを満たすのがなかなかないんですよね。ジャパネットで売っていたアラミック製は、これを満たしていました。

これならいいか、と思ったもののレビューがサクラっぽかったり、説明が変な日本語で違和感を抱いたり、重たいだのすぐ壊れただのと悪いレビューが紛れていたりと、引いてしまう要素がみつかっては、うーむ、と悩んでしまいました。

ジャパネットxAmazonハイブリッド

なので考えたのが、ジャパネットが勧めるアラミック製の節水シャワーヘッドをアマゾンで購入。

アラミック製のシャワーヘッドもたくさんありますが、その中からジャパネットで売っているものとほぼ同じと思われるものを選んだのが、これでした。

節水効果60%だし、手元に横振りレバー式の止水ボタンがあり、さらに水流調整も手元でできます。そして値段は約6,000円。おお、これでいいか。

使用感はどうか

取り付けは妻がやったのですが、今ついていたヘッドを外して、そこに付け替えるだけで、あっけなくできたそうです。アダプターが4つぐらいついていましたが、一つも使わず済みました。

水流の感触は、前に使っていたものよりも弱く感じますが、細かく優しい感じがして、不快感はありません。水流をハードとソフトの2つに切り替えられるのですが、ソフトだとちょっと弱いので、寒い時に体に浴びると不足感はあります。そのかわり7割の節水ができるので節約効果は高いです。ハードにすると真ん中付近から強めの水流がでるので、せっけんを洗い落とすときにはハードがいいです。これでも従来のシャワーヘッドよりやや弱い感じはしますが、すぐに慣れてきました。

止水レバーは、1年たった後もきちんと動くか、というところがポイントなので、今のところ評価はありません。ボタン押し込み式よりも、構造上は不具合が起きる可能性が低いのではないか、と期待しています。

レビューを見ていると、低評価の中では
「半年ぐらいでメッキがはがれる」
「目が詰まって水が変な方向に飛び出す」
「2年ぐらいでアダプターにひびが入って水漏れ
止水ボタンが効かなくなる」
というような、というコメントがよく見られます。

アマゾンでの低評価の星1つと2つを合わせると、13%あるので、だいたいそれぐらいは、このような不具合が生じると覚悟しておいたほうがいいのかもしれないですね。逆に言えば9割は大丈夫、ともいえるのですが、これはもう運の良しあしでしかないと諦めています。

そして、最大の期待効果であるところの、節水効果ですね。水道料金ですね。ジャパネットたかたの宣伝では、4人家族が毎日10分使った場合、毎月5,000円の節水効果がある、とうたっています。さすがにこれはないだろうと思います。だいたい毎日40分もシャワーを使っていません。せいぜい10分ぐらいでしょうか?それでも5,000円の4分の1だから、1,000円以上の節約効果が出るはずですね。

次の水道料金の請求は5月。1,000円減っていることを祈りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました