高止まりする水道代の原因が水道料金の価格設定ではないかと疑って調べた結果

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。やっと土曜日が来てほっとしている、店主の劉英です。

我が家の固定費上昇が止まらない、という悲惨な状態になっています。こちら 過去8年の光熱費の推移を改めてみてみるとコロナの影響が浮き彫りに。 にも書いていますが、ガス代、電気代、水道代、軒並み大幅増です。

水道代が激増した

中でも水道代は、このような顕著な増加を見せています。

水道代は2か月おきに払っているので、最初の伸びがみられるのが、2020年4月。コロナが広まって、在宅勤務が始まった時期と一致します。そうすると、在宅勤務による影響、トイレの回数とか、昼食の洗い物とかそのあたりですかね。子供含めて、手洗いの回数が増えたということもあります。

水道料金のカラクリはないのか

しかし本当にそれだけで、月に2,000円も水道代が増えるものだろうか。水道料金が上がったということはないのか?ということで、僕の住んでいるさいたま市のホームページを見てみました。すると、このようにあります。

あ、そうですか、値上げはしてない。とするとやっぱりうちで使っている水の量が増えたということしか考えられないか。

しかしここでもうひとつ、重要な情報を発見しました。水道料金って、水の使用量が増えるほど高くなるんだそうです。それは知らなかった。

で、どのぐらい高くなるかというと、さいたま市の場合はこれだそうです。

20立方メートル、30立方メートルを境として、3段階の値段が設定されています。そこでうちの使用水量を見てみたのですが、直近二か月で40立方メートル。これを月ベースにするときは、半分ずつにして、端数が出るときは切り上げる(なにっ😤)そうなので、毎月20立方メートル使っていることになります。20立方メートルという、料金がちょうど上がる量に達してしまっているのですが、これは「超えた分」だけが増える対象なので、料金逓増の影響はほとんどなさそうです。

これは上水道料金なので、下水道料金も見てみました。これもひと月当たり。

汚水排水量も使った量と同じく40立方メートルだったので、月当たりにすると20立方メートルです。そうするとこちらは、30立方メートルを超えるまでは、単価は上がらないということですね。逆に10立方メートル以下に減らさないと、単価は下がらないのですが、半分にするというのはほぼ無理でしょう。

とにかく節水するしかないか

つまり、水道料金を色々調べたけれど、料金の上昇とか、単価設定のワナのようなものはなく、単に「使いすぎてるだけ」か!!

色々調べていると、このようなデータがありました。

https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html

これを見ると、4人世帯の使用水量は、23.1㎥です。うちは20㎥だから、別に使いすぎているわけではないのか。世間の人はそんなに水道代払ってるの?いやーうちには耐えられんわ。

これまた同じサイトで、水道使用量の目安が出ています。

影響が大きいのは、食器洗い、洗車、シャワーあたりですかね。食器洗いは食洗器に任せていて、節水できているものと信じています。車を持っていないので洗車もしてない、とするとシャワーか。

洗濯するときの風呂水再利用はやっているのですが、風呂で体を洗うときのシャワーの出しすぎというのは、考えられます。特に冬場は寒いので、頭や体をゴシゴシやっている間も、温水を出しっぱなしにしています。さらに子供たちが遠慮なく容赦なくシャワーを出し続けるので、無駄が生じている可能性は高いです。

まずはここに対策を絞って、節水シャワーヘッドを購入しよう、ということで、実はしばらく前から検討をしていました。それについて書こうと思っていたのですが、水道料金について調べているだけで時間切れになってしまったので、今日のところはここまでで失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました