グーグルのスマスピGooge NextのAIはちょっと手抜きしすぎじゃないか

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。デジタル物にはついつい惹かれる、店主の劉英です。

うちにはグーグルのスマートスピーカーである、Google Nextがあります。楽天で2,000円ぐらいで売っていたので、2年ほど前に買いました(確かそれぐらい前だったと思うけど)。安すぎたので、ニセものでは?とか、本体じゃなくてアクセサリなのか?などと思いましたが、本体で、本物でした。

Google NextのAIは手抜きしすぎ

これがまあ、使えない代物だという経験を、今日久しぶりに味わいました。ひさしぶりだったらいいんじゃないか、と思われるかもしれません。なぜ、久しぶりかというと、ここ半年ほどはほとんど使ってなかったからです。

使い勝手のいい、使う意味のある、使えるものだったら、毎日のように使っていますが、そうではないので、ここ半年、壁に掛けたまま放置していました。ええ、まあ、壁に掛けられるのは、いいとこですね。

で、どんながっかり感を味わったかと言いますと、これです。うちの子供の視力が悪化しまして、本やテレビからしばらく目を離す時間を作らないといけない、ということになりました。そこで、グーグルに頼んで、30分おきにアラームで知らせてもらったらいいんじゃないか、ということになりました。僕の想像では、グーグルに頼んだら、30分おきに「○○ちゃん、遠くを見て」と言うぐらいのことは、お茶の子さいさい、朝飯前だと思っていました。今でもめちゃくちゃ簡単な指示だと、と思っているんですが。

そこで、
「30分おきにアラームを鳴らして」
「30分に1回タイマーを設定して」
「30分ごとにタイマー」
などと、いろいろ呼び掛けてみるのですが、彼にできるのは、30分のタイマーを設定するだけ。

「30分に1回」という指示を、どうしても理解できないようなのです。

これは本当に残念なことです。グーグルって、あの、売上何十兆円もある、AIとか自動運転に巨額投資してる、誰の生活にも欠かせない、あのグーグル?あのグーグルのAIがこのレベル?

AIって、人から仕事を奪うんでしょ?そのうち人間の頭脳を超えるって言われてる、あのAIでしょ?あのAIが、こんな簡単な指示も理解できない?

まあ、スマートスピーカーごときの、「売上が1兆円にも満たない(多分)ような、ごみビジネスには、最新のAIなんか搭載するか」というのが、グーグルの考えなのかもしれませんがね。そうして、2,000円でスマスピをばらまいて、家庭の音声を盗聴して、ビッグデータの生成とか、ステルスマーケティングに使うのが、目的なのかもしれません。それにしても、もうちょっとまともなAIを搭載してほしいなあ。30分に1回タイマーすら理解できないなんて(もしくは、理解できないふりをしているなんて)。

ほかにもダメなとこ

この際言ってしまうと、Google Nextには他にも不便なことがありますね。

まず、Youtube Premiumの契約をしてないと、好きな音楽を再生できるなんて言うのは、到底おぼつかないということ。これを買ったときは、うちもYoutube Premiumを契約していたので、「xxxをかけて」と言ったら、対応してくれていました。今はYoutube Premiumの契約をやめているので、「xxxをかけて:と言っても、かかりません。

「オーケーグーグル」という呼びかけにしか反応しない、というのも、面倒です。「おーけー」という呼びかけがまた、日本人にとってはなじみないだけでなく、長いんですよね。「アレクサっ」のほうが、短くて言いやすく、呼びかけやすいです。たった数文字の違いですが、この呼びかけにくさ、とくにアレクサと比較すると、

ちなみに、「おーけーごーぐる」とか「おーけーぼーぼる」、ひどいときは「おーけーしょーとる」なんて呼び掛けても、反応してきます。どんな耳をしてるんだろうと思います。

さらに不気味なのは、何も呼びかけてないのに、突然「よく聞き取れませんでした」とか「もう一度言ってください」などと音声を発することです。これは気持ち悪い。これこそまさに、すべての会話を盗聴されているんじゃないか、と疑う元です。マイクをオフにもできるのですが、それも形の上だけで、じつは電源につながっている限り、すべての音声をグーグルに送り届けているのではないか、と思います。まあすでに、CHROMEにパスワードをゆだねたりしてしまってますけどね。

ちょっとフォロー

ダメなところばかり書きましたけど、普通のスピーカーとしては、悪くはないです。コンパクトなサイズにしては、ある程度重みとか広がりのある音が出るし、壁に掛けられるのもいい。近くに電源がいりますけどね。

グーグルにすべてのデータを持っていかれている、というのも、現代に生きる人間としては、もう手遅れでどうしようもないんでしょう。これが中国とかロシアの企業だったら本当に怖いですが、一応社是としてDon’t be evilを標榜していた(今はしていないらしい)会社だから、表立って悪用するということは、ないと信じたいです。

だからグーグルさんよ、もっとまともなAIを載せてくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました