8歳長女の歯の矯正を始めることにしました。家計影響の試算とリカバー方法

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。顔の長い店主の劉英です。顔が長いせいで、顎も小さいので、歯並びが悪く、かつて歯の矯正をしていたことがあります。その親の遺伝のせいか、8歳長女も顎が小さく、永久歯が生える前から、歯並びが悪いです。

矯正についての苦い経験

とは言え、自分の矯正の経験から、あまり矯正治療などはさせたくはないと思っていました。特に大学生のころにやった矯正は、1か月に1回ぐらいねじを締めて、歯に圧力をかけて動かしていくのですが、数日は痛くて、食事もしたくなくなります。そんな思いをして何年もやったのですが、結局まっすぐになりかけた歯並びは定着しませんでした。さらには、矯正の器具をつけていたところが、虫歯になるという、ロクでもない結果に終わってしまいました。多額のお金を出してくれた親には、本当に申し訳ないことです。

僕は、歯並びの見栄えを気にすることはなかったので、虫歯にならないように、というのが、矯正の一番の目的でした。だから、結局虫歯になってしまったというのは、まったく意味のないことをしてしまったことになります。やるんだったら自分の意志で、自分でお金を出してやる、というのでないと、矯正は意味がない、という思いに至りました。

矯正をすることにした背景

なので、かかりつけの歯医者に相談して、矯正が必要だろう、と言われたときも、できるだけ回避したいと思っていました。それをくつがえして、矯正をすることにした背景というのは、正直決定的な理由は、ありません。いまでも、やらなくていいなら、と思ってしまいます。あえて言えば、

  1. 子供がそれほど嫌がらなかった
  2. 徒歩圏内に通いやすい矯正専門の歯科があった
  3. 子供のうちの矯正は、大人ほど負担が大きくなく、効果も出やすい

矯正歯科で2件ほど相談をし、2-3年生から始めれば、きれいに治る子が多い、という印象を受けました(歯医者の印象操作かもしれない)。大人になってからやるよりは、今のうちにやっておいたほうが負担が少ないだろう、ということもあり、カネを理由に、やらないよりは、今できるだけのことをやっておいたほうが、子供の後々のためになるかな、という感じです。その時に1や2の状況があったので、それならば、と重い腰を上げました。

矯正にかかる費用

で、今回のテーマの、矯正にかかる費用です。見積もりを3件ぐらいみましたが、子供の場合は、だいたい一緒でした。

子供が矯正をする場合、2つの段階があります。

「第一期」:永久歯が生えそろうまでに、できるだけ顎のサイズを広げて、きれいに並べる。
「第二期」:永久歯が生えそろった後、歯並びを整える。

うまくいけば第一期で完了し、それ以上の矯正は必要なくなります。うちの場合は、うまくいっても行かなくても、子供がやると言わない限りは、第一期で終わりにしたいと思っています。

この第一期ですが、治療の過程としては、床矯正という、装置をはめて顎を広げ、歯が生えるスペースを整備するという段階と、保定という、歯並びを維持する段階があります。これが6年生までかかると想定しています。そういう想定の下で、いくらかかるかを計算すると、

検査診断料:33,000円(ここは歯医者によって1万円ぐらいのブレがありそうです)
矯正治療:330,000円(ここはだいたい同じ。治療過程のほとんどの費用が含まれます)
調節料:毎月5,500円x48か月=264,000円 (4年間の場合。後半は必ずしも毎月ではないようなので、実際にはこれより低いかもしれません。ここも歯医者によって多少異なります。)
クリーニング料:3か月おきに3,300円x16回=52,800円
合計 679,800円

1年あたり約17万円、1月あたり約1万4千円という計算です。

順調に進んで、これ以外に余計な費用が掛からないことを祈るのみです。家計にとっては相当な負担額ですね。。。これだけ固定費を減らそうとしても、たぶん減らないと思います。その分の現金はあるので、月々のやりくりでねん出しないといけないということはないのですが、月額でいうとそれぐらいのインパクトです。

矯正治療のリカバー方法

これはむしろ、月々の支出を減らしてカバーしようとするよりは、暗号資産の値上がりとか、FXで稼ごうとしたほうがいいのではないか、という邪心がわいてきます。ただ、投資と言ってもそこまで不安定なものに頼るのはよくないので、やはり全世界の株式市場の成長に期待を託して、インデックス投信の継続で徐々に資産を増やす、というのが、最適解ではないか。

これから4-5年でいうと、米国株は低迷する恐れがありますが、全世界株ではどうか。SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンドという全世界の株式に投資する、インデックスファンドがあります。2020年以降は、コロナバブルで無視するとしても、2018年から2020年コロナショック前までみると、2年間で約10%の成長が見られます。

年率で約5%と考えると、69万円の資産を増やすには、元本をいくら投資すればいいかを考えます。

4年で達成を考えると、元本320万円コース。

10年待てるとしたら、110万円でもなんとかなる。

毎年5%増えると決まっているわけではないですが、こうするとちょっと希望が湧きます。4年で回収、というのは虫が良すぎる計算ですが、10年以上持っていれば、矯正治療費は、世界の全株式会社に払ってもらうことがでるというわけですね。

さらに忘れてはならないのが、医療費控除。いままで1回しかやったことがないのですが、1万2千円ぐらい返ってきたことがありました。10万円を超えた分に関して控除されるので、今回の33万円という支払いは大きくこれにかかわってきます。さらに、毎月かかる調節料やクリーニング料も、年間8万円近くなるので、他の医療費と合わせると、10万円を超える年がしばらく続く可能性があります。

年末調整も、頑張らないといけないですね。

治療自体は子供の頑張りを応援するしかなく、大人としては、この辺りで何とか治療費を稼ぎ出していきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました