050+の音声品質がいまいちなのでUQの60分まで通話料無料に変更

未分類

人生居酒屋The Albion Innへようこそ。今日もうだうだ話をしている店主の劉英です。ようやく3月ですね。とにかくもう、早く暖かくならないかな。

通信費の話で、050+はいまいち、と書いたと思うのですが(過去8年の通信費の振り返り。スマホプラン変更とe-mansionのおかげで激減。)、とうとう、カネ払ってでも、通話が一定時間できるUQのプランに変更しようと思ったわけです。

そんなものは、このインターネットが発達したこの時代、スマホの契約も全部ウェブで完結するこの時代、3クリックぐらいでできるやろ、と思っていました。それが以外に手間取って、というか、やり方がよく分からず、いろいろと遠回りをしてしまいましたが、今日になってようやくできました。

UQの通話料プラン

UQの通話オプションというのは、このような3つがあるようです。10分以下が多いと思うので、「10分かけ放題」がいいかと思ったけど、770円は高い。050+ではだいたい月に400円以上払ったことはありません。とすると、60分/月まで無料のオプションをつける、という選択肢しかないな。

アプリでは変更できません

通話料のオプション追加ぐらいは、UQのアプリでサクッとできるやろ、と思ってみてみると、「料金やご契約内容はmy UQ mobileで確認」とあって、ウェブサイトに誘導。あー、またそのタイプか、とややがっかりします。「my UQ mobileへログイン」といいうボタンを押すと、IDとかパスワードを入力せずに、マイページに行けるので、まあ許します。

通話料オプションだから、「オプションサービスの変更」か、と思ってみてみるのですが、この中にはどうも、ありそうにない。「え、なんでなんで、いったいどれやねん」。これを何回か繰り返してしまいました。

ためしに何かのオプションを選んでみたら、受付時間外って。「ネット受付に時間外があるんかい!」UQはコンピューターにも労働基準法を適用しているみたいです。

そうして、UQ mobile内のサイトをさまよっているうちに、マイページを飛び出してしまったらしく、またログインしなくてはならなくなりました。そうすると今度はau IDでログインとか出てきて、au IDでログインしてみたら、このサービスは利用登録がされてないとか出てきて、さらに、この変更は電子書面交付に対応してないとか出てきて、もう本当にいらいらしました。何言っているのかわけわからん、としか思えません。もう、ワイモバイルに戻ってやろうかと思いました。休みの日の朝から、こんなことでイライラしたわ。

あ、+5Gにプラン変更する必要あり?

日を改めてまたゼロからサイトを見ていると、UQのトップに、こういう案内が出ています。

自分のプランが「くりこしプランS」だということは知っていましたが、スマホは5G対応ではないので、5Gの契約については、考えたことがありません。そういえば、5Gでも料金は同じ、みたいなことを大手がよく言っていたなあ、というぐらいです。UQの場合も、よく見ると、5Gが使えるプランにしても料金は同じ。ということは、まずこのプラン変更してもいいのか、と思って、「オプション変更」ではなくて「プラン変更」に進んでみます。

正直この、いつも2つ出てくる、4G契約と4G/5G契約の違いが何なのかわかっていなかったのですが、要はこれからは全部、5G契約ですよ、ということなんですかね。そこで、この4G/5Gの新しいプランの申し込みに進むと、ようやくここで、僕が求める通話料オプションを選択する画面が現れました。

これこれ、なんでこれ今まで出てこんかったんや!! たぶんそれは、僕が「オプション変更」だと思い込んで、「プラン変更」をあまり見てなかったからだと思います。だって通話料オプションなんやから、「オプション」とちゃうんかいな。

さらに、5G契約は無関係のもの、と思い込んでいたから、たぶん4G契約のまやろうとしていたというのもあるかもしれません。不用意に5G契約にしたらぼったくりに合うに決まっているという、寡占企業に対する強い猜疑心のなせるわざです。まあ、そんな会社の株主なわけですが。

ここからあとは、割とすんなりいきました。最初からこれぐらいすんなりやらせとけ、いう話ですよ。プラン変更完了したら、一度電波が入らなくなります。スマホを再起動したら、5G契約での電波が入るようになりました。

050+の解約は見上げたもの

ちなみに、050+の解約は驚くほど簡単で、感嘆しました。

アプリの設定の中に解約のボタンがあり、いくつかの確認事項と質問に回答するだけで解約完了です。これはすばらしい。外出先で、数分でできました。音声品質には満足できなかったですが、この解約のしやすさのおかげで、イメージ悪化はまぬかれました。ここで、解約方法が分からないとか、面倒なステップを踏ませるとかあると、品質悪い、印象悪いという最悪のサービスのレッテルが張られるのですが、050+はそのタイプではなかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました