キャッチボールだけ趣味にしたい人はどうすればいいのだろうか

未分類

おはようございます。野球をプレーするのは苦手だけれど、キャッチボールだけは大好きな、人生居酒屋 The Albion Inn店主の劉英です。

積年の悩みがあります。悩みと言ったら怒られると思いますが。

色々な趣味というのがありますが、その趣味が一人ではできないことだったら、趣味仲間というのが必須になります。例えば野球やサッカーなどの団体スボーツは、そういうチームに所属することになります。華道や書道では師匠のような人について教えを請うでしょう。ゴルフとかダイビングのような個人競技でも、一緒にプレーする人と楽しむというケースが多いです。そんな中、僕の趣味というのは、キャッチボールなんです。

キャッチボールは野球の基本だから、野球チームに入ればいいじゃないかということになりますね。ところが僕は、野球をプレーすること自体は好きではないんです。野球ってめちゃくちゃ難しいんですよね。常に状況を頭に入れてプレーしないと、頓珍漢なことをしてしまいます。得点差は、イニングは、カウントは、状況は、次打者は、なんてことを考えてプレーしないといけなくて、ただバットを振り、走り、ボールを追いかけるだけだと、チームに迷惑がかかります。

しかも僕は、打ったり走ったりすることには、ほとんど興味がありません。僕が好きなのは、ボールを投げて、ボールを受ける、この単純な動作だけなのです。だから野球の試合をするどころか、ノックや素振り、打撃や守備の練習すらもやりたくないのです。ただただ、みんながウォーミングアップでやっているキャッチボールをひたすらやりたいのです。

草野球のチームはたくさんありますが、キャッチボールだけの参加を認めてくれるようなところがあるかな。しかも、近所で、参加は自由で、会費も安くて、ユニフォームとかを買う必要もなく、限りなくゆるい感じで受け入れてくれるところが。。。これが悩みです。

いやもちろんあるかもしれないです、探しまくれば。でもそのために、何件も電話しては断られ、を続けないといけないんですよね。キャッチボールしたいだけなのに、どうしてそんな思いをしないといけないんだろうと思ってしまいます。そしたら諦めたらええがな、ということで、今は諦めているのですが、やっぱりキャッチボールはしたいですね。

地元の趣味仲間のマッチングをするアプリとかサイトがあるのですが、キャッチボールではなかなかヒットしません。してもかなり遠いとか、20-30歳のみとかですね。。。確かに40歳を過ぎたおっさんと、キャッチボールだけやりたいなんて言う人がいるとは思えないわ。

たぶん、キャッチボール友達というのは、そのために出会うのではなくて、野球好きの友達の延長でできるものなんでしょうねえ。初めて会う人といきなりキャッチボール始めるって、お互いに相当キャッチボールに飢えてないと、息が合わない気がします。そう考えると、日常生活では友達が皆無と言っていい僕には、かなり実現しなさそうな趣味です。また、期待できる可能性としては、5歳の長男が野球好きに育ち、キャッチボールの相手になる、というのがあるのですが、今のところ、野球中継にチャンネルを変えただけで、壮絶な批難を浴びるので、期待薄か。

そうなると、今度は一人壁当ての可能性を探ったほうがいいのかな。検索していたら、首都圏の壁当てスポットを記事にされているすごいサイトに出会いました。

野球壁当てスポット

気軽に行けなそうな場所ばかりですが、このあたりを中心に、とりあえず一人で投げる、を目指して検討してみますか。

朝の通勤時間50分でなんとかここまできた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました