唐突にレゴクラシックを買ったけど思ったのとちょっと違った調査不足の件

未分類

おはようございます。人生居酒屋 The Albion Inn店主の劉英です。

オミクロン株の蔓延でまたどこにも出かけられない日が続きます。思えば去年の秋ごろ、感染者数が日に100人ぐらいまで下がったころは、自由になった感じがしましたね。。。今週の週末も、どこにも行かずステイホーム中です。

突然ですが、この前妻の発案でレゴクラシックというのを買いました。こういうやつですね。

発案で、というと深い思惑があるように思えますが、そういうわけでもありません。

なぜ買った?

現在5歳の長男は幼稚園に通っていますが、幼稚園からはたいてい2時半ごろに帰ってきます。公園で多少遊ぶことはあるものの、最近は何しろ寒いので、あまり長々と遊ばせたくはありません(彼の風邪ひきやすさについては、また稿を改めて書かねばなりますまい)。なので午後のある程度長い時間を家で過ごさせることになります。家で一人本を読んだりお絵かきをしてくれればいいのですが、そのような手のかからない子供なはずがありません。子供の時に手をかけさせて、大人になったら見事に独立していく人間なのだと信じています。。。

退屈するとやることといえば、テレビを見る、撮り溜めたDVDを見る、Youtube動画を見る、という画面を見てぼーっとすることばかりです。頭にも体にもいいことなわけがないと思うので、親はやめさせようとします。当然子供は機嫌が悪くなります。このサイクルを何とかする対策が必要です。

なぜレゴ?

お友達の男の子がレゴにはまっていて、ずーっとそれで遊んでいるというんですよね。それに憧れたというしかありません。子供を夢中にさせるおもちゃ。素晴らしいじゃないですか。レゴだとブロックを組み合わせることで、自分の好きなように組み立てるので、創造性がはぐくまれるんじゃないか、とか、自由に組み立てられるから飽きないだろう、という思惑がありました。

なぜレゴクラシック?

レゴは長男が2歳ごろの時にデュプロというやや大きめのシリーズを買って持っています。1.5歳から遊べるというだけあって、扱いはしやすいのですが、もう少し細かいものでも扱える年齢になってきました。また、ブロックの数も少なめで、足りない、ということもあります。

そこで、一般的に知られているサイズのレゴブロックで「盛り合わせ」的なものを探すと、このレゴクラシックというのが出てきたそうです。この辺りは完全に妻任せ。クラシックというからにはあの誰もが思いつくような、オリジナルのレゴのブロックだと思い込みました。

何が思っていたのと違う?

と思っていたら、見てみると袋に小分けされたブロック群と組み立て説明書が入っています。

あれ、これって設計図に基づいて組み立てるタイプ?四角いのとか丸いのをたくさん重ねて家とか好きな形を作っていくブロックは入ってないのん?これ、完全な調査不足でした。多少は組み立てるものが入っているとはわかっていたのですが、大半がそうだとは思っていませんでした。3割ぐらいは自由に組み立てができるパーツが入っていて、それについては「このように作りましょう」」という説明書はありません。なのですが、この3割のパーツがなかなか難しいです。単純な四角や丸の一般的なブロックではなくて、「専用パーツ」ともいえるような複雑な形のものがたくさんあります。ある程度使い方がわかっていないと、これ、何に使ったらいいのん?とはてなマークが浮かんでしまいます。

後でよく探してみたら、レゴクラシックでもこれですね、もともと想定していたのは。本当に、よく見ずに適当に買ってしまった。

まとめ

というわけで、ちょっと失敗したか、と思っているレゴですが、子供はそれなりには喜んだようです。取説の見方を教えると、自分でそれを見て組み立てるようになりました。組み立ててしまったら終わりなのですが、そこは子供のこと、パーツを取り替えたり増やしたりして改造に励んで遊んでいます。残りの3割パーツは、余らせていてはもったいないので、お父さんが適当に組み上げて海賊船ゴリアテに仕立て上げました。それでもまだ使いようのないパーツがいろいろ余っているんだけどなあ。。。

あと、レゴを初めて買う方には、このボード、これはお勧めします。これがあると、ここをベースに何かを作り始めることができて、とっつきがいいですし、作ったものをある程度固定できるので、場所を動かすのも便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました