月曜日の夕食断食(たった週一回)をしてみてよかったポイント4つ

未分類

おはようございます。人生居酒屋 The Albion Inn店主の劉英です。4時40分にアラームを鳴らすのに、結局布団から出てくるのは5時半になってしまいます。寒いわ眠いわで。。

2か月ほど前から、月曜断食というのをやっています。月曜日の夕食だけ抜くという、ま、断食と言ったらまじめな人には怒られるぐらいの断食です。妻が、こういうのもあるよ、と言っているのを聞いて、直感的に良さそうだな、と思ったので、すぐに始めてみました。何かを作って食べるとか、特別なものを買う、というのではなくて、作らないし食べないというだけなので、始めるのはものすごく簡単です。

2か月ぐらいたって、その月曜断食のいいところを考えてみました。

食べ過ぎてないという精神的な安心

正直なところ、これで体調が抜群によくなったという感覚はまだ味わっていません。ただ、食事を一回抜くというだけで、精神的には「あ~体に優しいことをした~」という安心感を感じられますね。特に、睡眠中に胃を休められている(に違いない)というのがいいです。また、普段は、それほどお腹がすいていなくても、食べ始めるとおいしくてついつい食べ過ぎてしまうことがあります。結局腹八分とは程遠い、満腹ぐらいまで食べてしまうんですよね。そうするとなんか、体に負担をかけているような感覚になります。それを緩和できたー、という自己満足的な安心感ですが、体にいいことをしている!!という感覚は、なかなかいいです。

食費がちょっと減る

当たり前ですが、大人二人分の食事が一回減ると、その分作らなくていいので、食費がかかりません。子供がいるせいで食費がかかると思いがちですが、やっぱり食べる量は大人のほうが全然多いようで、減るコメの量、肉や野菜の食材の量が違うと思います。以上、食事を作らない僕が言えたことではないし、妻から食費が減ったといわれたわけでもないです😱。いやしかし、減っているに違いない。以前出張によく言っていたころ、「あーたがいないだけで、食材の減りが違うわ」と妻に言われたことがあります!!

料理や片付けの手間がちょっと減る

食費の件は思い込みかもしれないですが、これは間違いないでしょう。特に、月曜断食の日は、子供の食事は前日のカレーということが多いので、そうすると本当に作らなくていいということになります。いや、まあ、これも、僕が作るわけではないのですが。。。昼に夕食の準備をする妻を見ている僕としては、そのプレッシャーがなくて済むというのは、作るほうにとっては楽なのではないかと。さらに、片付けは僕だってちょっとはやりますよ。出し入れする食器の数が違う、洗う食器の数が違う、テーブルの片づけが楽、それだけでずいぶん手間が違います。

次の日に食べられる喜び

一食断食しただけですが、次の日にはもう、食べられる喜びを感じられます。あー、今日もご飯が食べられてありがたい、という当たり前のことを思い出すことができます。逆に言うと、いつもは食べ過ぎているということなんですかね。確かに毎食毎食おなかがペコペコになって食べる、ということはなかなかないです。そうすると、空腹感とか食べられる喜びを忘れがちになってしまいますね。一食断食は簡単にそれを思い出させてくれる、とも言えます。

まとめ

全然科学的でないことばかりですが、それでも今後も続けようと思いますね。これは本当に直観です。まあ、一食断食が体に「悪い」ということはないはずだし、やるのは簡単で何のデメリットもないので、やって損はないだろう、とも思います。【空腹のすすめ】をウェブで検索すると、最近はそういう本がたくさん出ています。ちょっとそのあたりを読んでみて、もうちょっと科学的な根拠と自信もつけたいですね。こういうやつ。

【中古】【古本】「空腹」こそ最強のクスリ アスコム 青木厚/著【生活 健康法 健康法】

“空腹”が健康をつくるー1日2食のプチ断食ー [ 三浦直樹 ]

3日食べなきゃ、7割治る!新装版 「空腹」こそが最高のクスリ [ 船瀬俊介 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました