インド型コロナが広がったら絶対にやばいって。

未分類

インドのコロナウイルス感染状況がやばいな。

1日に40万人。インドの人口は13億人だから日本の約10倍。日本で言ったら毎日4万人の感染者が出ている状況と考えると、相当怖い。

ちなみに日本の人口の半分ぐらいのフランスでは、最大で1日8万人の感染者が出ていて、直近でも4万人ぐらい出ていたから、フランス並みのやばさだ、ということも言える。

しかしインドでの拡大で怖いのは、インド型という変異株が猛威を振るっているということだ。

インド型のやばさ

インド型は、ベンガルで見つかったことから B.1.617 と呼ばれているが、この変異株が一つだけある、というのではなく、4種類以上の変異株が発生しているというのがまず恐ろしい。

そしてそのうちのいくつかは、感染力が強い、具体的に言うと体の中に入ってもウイルスだと認識されにくいものである、ということで感染が広まりやすいというのが問題の一つだ。

日本ではまだ英国型の変異株が入ってきたということで騒いでいるのに、それよりもっと感染力が強いインド型が入ってきたら、今の緊急事態宣言など当分解除できないぐらいまずいことになるのは火を見るよりも明らかだ。

日本は例によって、島国であるにもかかわらず水際対策が緩いので、インド型はあっという間に広がるのではないかと、ものすごく懸念する。

しかも医療先進国であるにもかかわらず、病院行政が他の先進国と比べて全く機能していないらしく、1日数千人の感染者が出ただけでもう医療ひっ迫、医療崩壊寸前となっている。これがインド型の急速な拡大で、欧米のように一日数万人も感染者が出たら、何があっても病院では診てもらえない覚悟で日々を過ごさなくてはならない。

今でさえこんなに不自由で窮屈な自粛生活をしているのに、今と比較にならないレベルでインド型が広まったときのことは、想像するだけでも恐ろしい。

でも日本政府は大した対策も取らないだろうし、もしかしたらPCR検査自体ももっとやらなくなるかもしれない。それも絶望感を強める一つの要素だ。

さらにやばいブラジル型

そういう、感染力の強いインド型の恐怖が目の前に迫っているうえに、さらにブラジル型というのがある。

これは感染力が高くさらに致死率が高い。

この記事を見てもらえばわかるが、
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65166?page=4
ブラジルでのコロナウイルス感染者の致死率は、アメリカの3倍も高い。

すでに日本でも確認されているようだが、インド型に加えてこんなものまで広がりだしたら、状況としては去年より悪くなるのも時間の問題だろう。

日本はただでさえ、PCR検査さえも普通に受けられない、という状況がいまだに見受けられるし、財務省がカネを渋るせいで、強制力のある(補償金とセットの)店舗の休業なども行われる見通しはない。

そういうことを考えると(いや、そいう言うことを考える以前から)、オリンピックの中止を議論しないことが不思議で仕方ない。それもまた、役人とか政財界の既得権益のしがらみの中で、何も改善されずに、多くの国民の多大な犠牲をともなって強行されるのだろう。この国のシステムの不全については、本当に愕然とさせられるばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました