初めてのクレカ案件。ハピタスからMIカード申し込みました。

セルフバック

初めてのクレカ案件は、ファミマカードあたりがいいかな、などと考えていた。

JCBカードとか、ベイスターズカードとか、Yahoo Japaカードとか、なんか興味のないブランドのものが多い中で、ファミマならまあやや身近で、作ってもなんか楽しみ方がありそうで、年会費無料で、ポイントも6,100円相当とまあまあ高かった。

FXも仮想通貨もとりあえずやってみたので、次はクレカ案件の経験をしてみようかという思惑もあった。

そうして見ているとある日、ハピタスの画面にポイントアップ中のMIカード8,500ポイントというのが表れた。

正直これはポイントにつられたと言ってもいい。そもそも百貨店は嫌いだし、そこで買い物をすることもほぼない(妻に付き合って行って、代わりにカネを払うときぐらいだ)。

とはいえ、8,500ポイントはゴールドカード以外ではなかなかいい方だ。

気になる年会費は初年度無料、2年目からは550円とまあ高くないし、Web明細サービスを利用して、年に1回カードを使えば無料だから、まあほぼ無料と考えていいだろう。

というわけで早速、ハピタスの画面から申し込みに進む。いつもながら会社情報を入力する時にはためらいを感じる。別に悪いことをしているわけではないのだが、何かあって会社に連絡がいくということは、あまり愉快なことではない。

が、このような案件に申し込むことができるのも、あの不快で強烈なストレスを与えてくる会社や仕事というものがあるおかげで、無職だとそうそう審査に通してくれないのだろう。

会社員を脱落する前にクレカは作っておくに限る。

ということで申し込んだら、すぐに審査通過のメールが来た。

さらに2日後ぐらいにはカード会社からハガキが送られてきて、4日後には郵便書留でカードが届いた。

そしてハピタスの「判定中」にも8,500ポイントがすぐに反映された。

ここまでは早い。しかしここからが長そうだ。判定には90-120日かかるという。

4か月か。今から4か月ってもう6月半ば。梅雨が始まろうかという時期だ。そこまで待たないと8,500ポイントは手に入らないのか。

長い。

ただ待つのみ。というわけで乾杯はお預けです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました