ビットコインの値動きがスリリングで新鮮。目が離せません。

資産運用

BitFlyerのセルフバックに申し込んで、さっそくビットコインを購入している。

とりあえずセルフバック条件の10万円分をこれまでに購入し、さらに2021年積み立て目標額としての50万円をビットコインの口座に入れている。

万が一のことがあってBitFlyerが倒産したり、ビットコインの価値がゼロになったりした場合でも、50万円なら致命傷は負わないと思っている。骨折ぐらいのショックはうけるかもしれない、そもそも個別株の運用で一時は含み損が400万円に迫るという大けがも負っているので、それと比べたらまだ軽い。

このビットコインの値動きがスリリングで、今のところは楽しんでいる。

購入するや否やどどーんと下がり始め、最初の購入額である5万円が数時間のうちに3000円ぐらい減ってしまった。きれいな高値掴みだ。と思っていたら翌日にはどどーんと上がり始め、日時の損益が5000円ぐらいになった。と思ったらまた今度はどどどーんと下がって、目も当てられないぐらいの含み損が出た。

値動き的には株価よりもFXのレバレッジをかけた取引に感覚が似ている。ただFXと違うのは、FXは長期でやっても含み損を取り返すには長大な時間がかかりそうで、下手したらロスカットで含み損が確定されてしまいそうなのに対して、ビットコインは将来的には間違いなく上がる、少なくとも5万ドルぐらいには上がるだろう、とかなり確信できるから、値下がりしてもへこまない。

折しもバフェット太郎さんが、ビットコインは年初に暴落する「アノマリー」がある、と言っていたのでなおさら、どどどーんと3.6万ドルぐらいに下がったときも、さてどこまで下がったら追加で買おうか、と思ったぐらいだ。

結果として、もっと下がると思っていたらまた持ち直してしまって、あまり買い増しはできなかったが。。。

バフェット太郎さんだけではなくて、先日は藤巻健史さんも、ビットコインは上がるという記事を出していた。

「3カ月で120万円→400万円超」ビットコインはさらに高くなると断言できるワケ

まあいろんな意見はあって、紙くず(というかデータくず?)になるという人もいるし、イギリスでは「全資産を失うことになる」と警告している人もいるそうだ。

ただ、共通するのは、コロナ対策で円やドル、ユーロといった法定通貨を無尽蔵に発行してしまっているので、当然この法定通貨の価値は下落する、ということで、それに代わって仮想通貨に資金が流入するということだ。

藤巻さんはさらに、今後の大幅な円安ドル高を予想していて、そうなるとドル建てのビットコインを持っていると、円での価値はさらに高まるとみている。

バフェット太郎さんは、通貨が不安定な新興国の富裕層の資金の逃避先になるということと、Paypalが仮想通貨の取り扱いを始めることで、仮想通貨に実質的な価値が生まれるということ、も将来的な値上がりの可能性だと言っている。

この辺りが、僕がかなりビットコインに積極的になれる要素だ。

しかし3か月で3倍になったとはなあ。参入するのがちょっと遅かった。

【参考】

ついに仮想通貨参入。A8ネットのBitFlyer口座開設に挑戦。

せこく貯めた副収入をどうやって使うかという問題に対する答え

コメント

タイトルとURLをコピーしました