むむ、使わないと思っていたauPayからの攻勢がすごい。

ポイ活

au ID設定で1,000円の残高を手に入れたau Pay。

あまり使えるところを知らないので、1,000円使いきったらもうアプリも削除していいかと思っていたが、それを見透かしたように、攻勢を受ける。

まず、マイナポイントを登録すると、20,000円のチャージで1,000円分追加のポイントがもらえる。

検討していたPaypayは基本の5,000円分しかもらえないので、差をつけてきた感じだ。

これで、最初の1,000円と合わせて、20,000円の入金で27,000円分の買い物ができることになる。

さらに昨日、使わないと損なクーポン、というのが届いた。

これを見てみる限り、auPayマーケットの内の商品だと、最低購入価格のような条件がなく、1,000円分の買い物ができる。

ケチな条件を付けていないところに、auPayの顧客獲得の本気度がうかがえる。

そこでauPayマーケットを除いてみると、1,000円で買える商品一覧、とか500円で買える商品一覧がしっかり準備されていて、しかもデフォルトで「送料無料」が選択されている。

ここで、ぜいたく品とか余計なものを買ってしまっては、auさんがくれるお金の使い方としては、無駄遣いともいえる。ここは生活費の削減に寄与するものに使ってこそ、コジ活・ポイ活の意味があるというものだ。

というわけで、500円で販売されている6食入りラーメンと、6食入りそばを購入した。実は購入する時が一番緊張するのである。得をしていると思って買っているのに、実は間違えて金を払ってしまったというようなことになったら、目も当てられない。

しっかりと「クーポンを使う」というところにチェックをして、購入する。クレカも銀行口座もまだ登録していないので、基本的に恐れることはないはずだ。

そして購入は完了した。購入記録を確認する限りは、お支払金額0円になっているから、間違いないだろう。

さて、ここまで積極的に押してくるau Payに、子供のマイナポイントを登録するかどうか。Paypayとメルペイに対抗する強力な勢力が出現してきた。

auPayからそばとラーメンのお歳暮届く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました